Microsoft Connect(); 2018 : Cognitive Services Container に LUIS 追加 & Tranlsator のカスタム機能

Service Fabric Mesh Preview Refresh Release
December 5, 2018
Microsoft Connect(); 2018 : Cognitive Services Container LUIS support & Custom Translation in Translator
December 5, 2018

Microsoft Connect(); 2018 : Cognitive Services Container に LUIS 追加 & Tranlsator のカスタム機能

[English Ver]

米国時間 2018/12/4 (日本時間 12/5 早朝) に開催された Microsoft Connect(); 2018 にて、これらの Cognitive 関連の発表がありました;

  • Cognitive Services Container に Language Understanding (LUIS) を追加
  •  Translator Text に Custom translation 機能を追加

Azure Updates > Language Understanding Container Support: Preview
Azure Updates > Custom Translation capability of Text Translator

Language Understanding (LUIS) Container

早速プレビュー使用が可能になっている LUIS Container を利用する方法をご紹介します。

準備

 – Container Services

以下の Docker 環境で Cognitive Services Container を利用可能です:

  • Local on Windows*/macOS/Linux (*be configured to support Linux containers on Windows)
  • Azure Kubernetes Service
  • Azure Container Instances
  • Kubernetes cluster deployed to Azure Stack

今回は local PC (Windows) にインストールした Docker 環境を使用します。

 – Azure Potal で申し込んだ LUIS サービス

F0(無料版) で大丈夫ですので、Azure Portal から LUIS サービスを作成します。

作成した LUIS サービスの Endpoint (アクセス URL) と API key を取得しておきます。これらは課金のためにContainer からアクセスされます。(分析データなどのデータは一切送られません。)

– LUIS App

Language Understanding は 簡易自然言語処理サービス (モデリング用 と分析用のGUI およびAPI) ですので、LUIS App (NLP モデル)を作成して、それをローカルの Container にExport します。
Export してダウンロードした LUIS App は ZGIP のまま Docker からアクセスできるフォルダに保存しておきます。

LUIS containerの準備、設定と利用

LUIS container のダウンロード

Docker コマンドで LUIS container image を pull します。”latest” オプションで最新版を取得できます。
docker pull docker pull mcr.microsoft.com/azure-cognitive-services/luis:latest

LUIS container の起動

LUIS container image をダウンロードしておいた LUIS app をマウントして起動します。
docker run --rm -it -p 5000:5000 --memory 4g --cpus 2 --mount
type=bind,src=c:democontainerluis,target=/input --mount
type=bind,src=C:democontainerluis,target=/output
mcr.microsoft.com/azure-cognitive-services/luis Eula=accept Billing=https://westus.api.cognitive.microsoft.com/luis/v2.0 ApiKey=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

上記ではこのような設定になっています:

  • Port 5000, 2 CPU, Memory 4GB
  • Mount LUIS App in input folder (c:democontainerluis in this case)
  • Save log in output folder (c:democontainerluis in this case)
  • Billing (set your endpoint copied from Azure Potal – West US in this case)
  • ApiKey (set your ApiKey copied from Azure Portal)

LUIS container を試す

Docker image が起動したら、http://localhost:5000 をブラウザーに入力して動作を確認できます。

Swagger (http://localhost:5000/swagger) のページで API の仕様や、実際にGET/POST を行って自然言語の分析結果を取得できます。

 

詳細

Microsoft Azure Blog > Getting started with Cognitive Services Language Understanding container
Github > Azure Samples – Container support for Azure Cognitive Services

News Reporter
News Reporter
Head of Operations (Banking), Director IT Governance, Teamlead Microsoft, Service Delivery Manager. Interested in Office 365, LAMP, IT Security and much more!